小学2年生でもできる銀本2021の計算問題

銀本押しや使いつくそうとしているには理由があります。

銀本は、ゴールの集まりだからです。過去問はゴールです。

ゴールは、それ以上でもそれ以下でもないものです。

このページでは、小学2年生でもできる銀本2021の計算問題のページ数と問題番号をあげていきます。

ただし、我が家の小学二年生が基準です。

分数の掛け算、割り算まで一通り解けます。

銀本2021算数が手元にない方は、こちらで準備してください。

共学校分のみです。

P6の□1

P15の計算問題全部

P17の□1の(1)(2)

P25の□1の(1)

P34の□1の(1)

P36の□1の(1)

P40の□1の(1)(2)

P43の□1の(1)

P45の□1の(1)

P52の□1の(1)

P58の□1の(1)

P77の□1の(1)

P80の□1の(1)(2)(5)

P87の□1の(1)(2)(3)

P92の□1の(1)(2)

P97の□1の(1)

P105の□1の(1)(2)

P108の□1の(1)(2)

P121の□1の(1)

P133の□1の(2)

P139の□1の(1)

P144の□1の(2)

P150の□1の(1)(3)

P153の□1の(1)

P157の□1の(1)

P163の□1の(1)(2)(3)(5)

結構できる問題ありました。

私は、これをノートに写して、させます。

コピーするほどの労力でもない問題数です。

さらに、計算問題を分解して、練習させていくつもりです。

入塾までに圧倒的な計算力をつけたいです。圧倒的な計算力は、受験算数に有利であるようです。

浜学園の公開模試もそうですが、大1問は、計算問題が多いからです。

灘中も1問ですが、常に計算問題ですよね。中には、計算問題がない中学もありますが、多くが、大1問目が計算問題です。

この大問1がスムーズに進むと、この試験はできるぞ・・・という自信が出てくるでしょう。

反対に、計算ができなければ、「大問1からできない」という焦りが出てくる可能性も高いのです。

だから、圧倒的な計算力は必要です。

多くの人が公文に行き、4年生から進学塾に行くのはそのためなのでしょうね。

あと、勉強量も増えそうですね。

受験算数の基礎問題は、すぐどのように解くか分かるようなるまで、やりこまなければならないです。そのためには、ある程度の演習量が必要です。進学塾の算数の宿題が多いのは、そのためでしょう。

圧倒的な計算力があれば、多い演習量をスムーズにこなせるのです。

計算でミスしたり、ゆっくりしかできない場合には、宿題を解くスピードが遅くなり、塾の宿題が終わらないということになります。

宿題を仕上げるのが速いと、過去の算数の分野の復習する時間ができるのです。

ますます、算数の力の差が出てくることになるでしょう。

圧倒的な計算力のみだけで、受験算数は全く歯が立ちませんが、有利になるのは確かです。

4件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。