冷凍庫の故障でコロナワクチン約1000回分無駄から自作教材

新型コロナワクチンを保管していたところで、「ディープフリーザー」と呼ばれる冷凍庫が故障して、約1000回分が無駄になったといわれています。

ファイザーのコロナワクチンは、1本を5回分から6回分にしたのですよね。

そこで、長男に算数の自作問題で、1000回分が無駄になりました。1本6回、ワクチンを打てます。何本のワクチンがダメになりましたか?

と算数の自作教材の問題を出しました。

長男、「紙がないから、答えはでーへんけど、割り算!」と答えました。

でも、割り切れないんですよね。5回分と考えていて、200本でしょうか。それとも150本で900回分だけれども、1000回と言った方がインパクト強いから約もつけるし、1000回でというマスコミの考えか。もしくは、醤油みたいに途中のものがあったのか?

調べたところ、正確な回数は1032回分でした。盛っていませんでした。そして、ちゃんと6で割り切れます。172本です。算数の自作教材は、まだまだできます。

例えば、1000回分だったとします。一人2回ずつ接種しなければなりません。何人に接種できますか?これも割り算ですよね。

ちなみに故障した冷凍庫に入ってたのは、二回目用だったそうです。一回目の接種は、もう終了していたようです。

さらに、900回分あります。大人は、1人1回、子供は1人2回接種しなければいけません。大人一人子供一人を一組とします。何組接種できるでしょうか?

900÷3ですよね。

ちなみに、昨日は、旦那も一緒に晩御飯を食べていたので、ワクチンのニュースを見て、「1000回分というから、なんか多い気がするけれども、約150本ぐらいやろう?」と言ってました。

ただ、早く接種したい人も多いでしょうから、次からこのような冷凍庫の故障は、ないようにしてほしいですよね。

そして、厚生労働省は「故障の原因は、電力不足だった」と発表しました。医療機関で電力不足が起きるの?停電になっても、絶対電気使えるのに。と思っていたところ、タコ足配線にしていて、電力不足になってしまったそうです。

また、「ディープフリーザー」と呼ばれる冷凍庫がどこのメーカーだったのかは、厚生労働省は、発表していません。

気が付いたら、冷凍庫が27度になっていたそうです。また冷やしたらいいというものでは、ないでしょう。

冷凍庫の故障でコロナワクチン約1000回分無駄から算数の自作教材が作れます。

社会も作れそうですよね。

他にどんな省庁があるか知っている?みたいにね。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。