四角形の角度と面積。

今日は、日曜日なので、四角形の角度と面積のさわりを教えました。

まずは、四角形と言っても、正方形と長方形しか知らないですからね。

ひし形を教えていて、ひしもちも知らないことを知りました。

だって、「ひしもち見たことないもん」って、うちには、女の子がいないもんね。。。

と思ったけれども、とりあえず、グーグル画像で見せました。

でも、平行四辺形や台形の高さは、結構すんなり覚えました。

そして、平行線と角度や二等辺三角形が出てきますね。

👆ここでやったでしょう?って感じですが、でも、予習シリーズ計算の8回の問題ですが、来週させる分野が決まりました。

スポンサーリンク

もちろん、平行線と角度と三角形の角度の回です。

こんな感じで、先に進めながら、予習シリーズ計算問題で復習していこうと思います。

1ページ8問ですしね。サクッと復習できるようです。

そして、今日のママ算数は楽しかったそうです。←楽しいのが何よりです。

勉強時間に入ってなかったのも面白かったです。

そのご、ママ計算や漢字、ママ文章題をしていて、「一時間した」と言ってました。

ママ算数で30分してたんで、勉強時間は1時間半なんですが。。

やはり、計画を変更しました。

今週は、三角形の面積はしません。四角形の面積のみです。

昨日、ファイルから三角形の面積の分野を抜きました。

ただ、この親のブレは、よくないんですよね。

中学受験の場合、親と子はワンチームですし、でも親の方がやっぱり全体を見れていることもあって、主導権が親になるんですね。

そして、仕事もそうですが、上司がブレブレだと、部下は、上司を信頼できなくなり、やってられなくなりますよね。できない上司認定もされがちです。

その「やってられない!」というのは、中学受験の子どもも同じ感情になりそう。要するに、親を信頼できなくなり、ワンチームがバラバラになりかねないです。

勉強方法をコロコロ変えるのは、親の信念がないということです。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。